京都の学生ローン専門店といえば【キャッシング ホワイト】

関西方面でも特に学生が多い街といえば京都ですよね。

 

京大をはじめ、有名私大や専門学校も数多くある京都には、関東方面以外では珍しく学生ローン専門店があります。

 

その名も【キャッシング ホワイト】

 

実は創業40年近い老舗の学生ローンなのです。

 

申し込みも対面方式ではなくインターネットからできるのも嬉しいポイント。

 

ただ返済は、銀行か全国のコンビニATMで振込か店舗まで持参、または郵送になるので、様々な返済方法があり、中には振込手数料も無料になる大手カードローンよりは少し面倒かもしれません。

 

もちろん大学生以外でも専門学校生、大学院、短大生、予備校生もご利用いただけます。

 

京都在住、在学、または関西近辺の学生さんなら要注目の学生ローン専門店です。

 

京都にある学生ローン キャッシング White

〒600-8481
京都市下京区四条堀川町255 野村ビル3F

受付時間:平日10:00~17:00

定休日:土・日・祝日休

 

キャッシング ホワイトの貸付条件

実質年率 14.50%~19.50%
ご利用限度額 3~30万円
返済方式 自由返済方式、又は元利均等方式
※毎月1回、利息分の金額をご入金下さい。
※元金は契約期限まで、お客様のご都合に合わせ自由に返済可能です。
担保保証人 原則不要
必要書類 学生証
※その他「免許証」「保険証」「住民票」等の身分証があればより良い条件で融資の検討が可能です。

 

学生ローンおすすめランキング


手っ取り早くスマートフォンを介して学生ローンの申込を完結させられるので、便利さと安心感が得られると聞いています。何よりもいいのは、いつでも好きな時に申込が可能なことだと考えます。
この頃はクレジットカードの中にも、学生ローンができるようになっているものが出ているので、楽に学生ローンの申込ができると言えるわけです。
当たり前ですが、無利息による学生ローンをさせてくれるのは、決められた日付までに借りたお金をすべて返済可能である人でないといけません。給料は振り込まれるスケジュールを認識して、しっかり返せる金額だけ借りることをおすすめします。
利率の低いカードローンは、それなりのお金が必要な時とか、長期間に亘って借入を行う場合には、月毎の返済額をかなり少額にとどめられるカードローンだといわれています。
学生ローンを利用したら他の会社のローンは何も利用が困難になるわけではございません。幾らか影響することがあり得るくらいでしょう。

審査の合格水準から見れば劣っているけれども、ここまでの利用実績が良好であれば、学生ローンカードが作成可能な場合もあるとのことです。審査の現状を熟知して、望ましい申込を行ないましょう。
学生ローンでお金を用立てる時に一刻も早い方がいいなら、申込むのは「消費者金融で大手の会社」をチョイスする方が間違いありません。銀行が行うカードローンサービスは、手短に借入する事がなかなかできないからです。
きちんとプランを立ててそれに従いお金を使っていたとしても、お給料日の直前は思いもよらず現金が必要になることが多くなります。そのようなタイミングに、時間をかけずにお金を入手する方法が便利な学生ローンです。
小規模又は中堅どころの学生ローン関連のローン業者と耳にすれば、多少心配になるのは無理もないことです。こうしたときに役に立つのが、その業者の利用した人の口コミや感想です。
住んでいるところは貸家住宅、未婚、更に年収も低めという状況の人でも、年収の3分の1程度までの金額を申込むのであれば、審査を通過することも期待されると言うことが出来ます。

インターネットだけを経由して申込を終えるためには、指定された銀行の口座を持つというような条件があります。しかし、絶対ばれないようにしたいと感じる人には、安心できるサービスだと感じます。
あなたがご覧のサイトは、「急ぎで今日現金を捻出しなければならない!」などという方用に、即日学生ローンが可能な金融関連業者を、事細かに調査して回り、公開しているサイトになります。
利息なしと言っているものでも、無利息期間とは別に利息が必要な期間があるため、お金を借りるローンとして適したサービスかどうか、抜かりなく評価してから申し込むべきだと思います。
お金を貸してもらうと申しますと、恥ずかしいという印象があるみたいですが、住居などに代表される値の張るものを購入する時は、ローンを利用するのではないでしょうか?それと同じだということなんですよね。
「世帯主の収入で申し込み受け付けます」とか、専業主婦に絞ったカードローンというサービスをやっている金融機関も見つかります。「主婦でも大丈夫!」などと表示があれば、ほとんどの場合利用することができると考えます。