親バレが絶対イヤなら学生ローンでもココの業者を狙え!

学生ローンを使ってみたいけど、親にバレるのだけは絶対イヤ!!

 

そう思われている学生さんは結構多いんじゃないでしょうか。

 

特に、実家から学校へ通ってる場合、いやでも親との接触がありますから、もし自分が学生ローンでお金を借りてるなんてことがバレたら・・・もう考えるだけで恐ろしいですよね。。

 

しかしご安心ください!

 

今の時代、学生がキャッシングをすること自体が、そう珍しくなくなってきています。

 

なので、基本的には『当サイトで紹介している金融業者なら』返済ができなくなってしまわない限り、親に連絡が行くことはありません。

 

逆に、三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックのような大手銀行カードローンだと、借入をする際、保護者(親)の同意が必要になるという、とんでもないケースもありますので(苦笑)、やはり学生ローンを利用したいのであれば、当サイトでご案内している金融業者の中から選ぶのが確実です。

 

あと、もちろんですが『未成年者』の場合は、親権者の同意が必要になってきますので、どう頑張っても親バレを避けることはできません。。

 

親に内緒で学生ローンを利用する際に注意すべきポイント

基本的には学生ローンでお金を借りたとしても、20歳以上なら親にバレることはまずないということが分かっていただけたと思いますが、より完璧に親バレを防ぐためにやっておいた方がいいテクニックをご紹介します。

 

確実に親バレを避けたいならWEB上で手続きが完了する『カードローン』で借りる
カードローンのメリットであるWEB完結なら基本、郵送不要なので親バレの心配もなし!
 
審査完了後、カード受け取りは必ず無人契約機に取りに行く
カードローンの場合、カードの受取を郵送か自分で取りに行くかを選択できるので、必ず無人契約機に取りに行く。ちなみに取りに行く無人契約機は全国どこでもOK!
 
郵送で書類が送られてこないように、毎月の明細などはWEB上で確認できる業者にする
毎月の明細はかならず郵送ではなくWEBで確認を選択すること!
 
電話確認は必ず自分の携帯電話を指定。ダメなら最悪バイト先の電話番号で
審査状況によって電話がかかってくるかどうかは変わってきますが、絶対に自宅の電話は×
 
スムーズに審査を終えるために借入希望額は必要最小額で
なるべく審査で躓かないように、借入希望額は少なければ少ないほど良い。個人的には10万以下ならなお良し。

 

以上を守れば、より確実に親に内緒でお金を借りることが可能です。

 

まとめ:親バレなしで学生ローンを利用するポイントはこの2つ

学生ローンで親バレを避けるため、審査から申し込みの時に注意すべきポイントは、大きく分けて2つあります。

 

  1. 在籍確認
  2. 書類の郵送

です。

 

在籍確認とは、学生ローンを利用する際はバイトなど収入がないと借りれないので、バイト先に電話で、ちゃんと申込者本人が在籍しているか、確認の連絡が行くことがあります。

 

電話確認の基本は自分の携帯電話かバイト先なので、親に電話連絡をする業者はまずいません。

 

ただ業者によっては電話確認を避ける方法もありますし、もしかかってきたとしても個人名でのやり取りになりますので、それほど心配する必要はありません。

 

それでも心配な場合は、連絡を受けるバイト先に『クレジットカードを申し込んだので、電話がかかってくるかもしれません』と一言いっておけば、怪しまれることはないでしょう。

 

クレカの電話確認は結構普通にありますので。

 

それよりも学生ローンで親バレを避ける重要なポイントは「書類の送付」です。

 

いわゆるアミーゴイー・キャンパスなどの【学生専用ローン】の場合、契約書類などは郵送で送られてきます。

 

もちろん社名は伏せて送られてきますが、やはり親と同居している場合、怪しまれる可能性は高いですよね。。

 

逆に、プロミスアコムなどは、すべての契約をWEB上で完結し、基本的に書類は送られてこないので、親と一緒に住んでいる学生さんでも、まずバレる可能性はないでしょう。

 

学生専用ローンも一般的なカードローンも、どちらも親バレしないように最大限の配慮はしてくれると思いますが、やはり全国のコンビニで気軽に使える利便性と、無利息など各サービスの充実度から、個人的にはアコムプロミスなどの一般的なカードローンを選択した方が、後々便利かなと思います。

 

学生ローンおすすめランキング