就活で忙しくバイトする時間がないなら学生ローンを使うのも一つの方法です

学生生活最後のメインイベントと言ってもいい就職活動(略して就活)。

 

就活はお金がかかる

就活のスタートは4年生じゃ遅すぎるので、三年生(3回生)から始める方がほとんどだと思いますが、そうなると今までのようにバイトのシフトを入れまくってお金を稼ぐ・・なんてことはなかなか難しくなってきます。

 

でも悲しいかな、就職活動っていうのは意外とお金がかかりますよね?

 

具体的に、就活で何に金がかかるか調べてみると・・

 

交通費
特に、地元の大学に進学したけど、就職は都心を希望されているような方は、説明会や試験、面接などの交通費で結構なお金が必要になってきます。
中には新幹線を使って移動する学生さんもいらっしゃるので、そうなると交通費は一気に跳ね上がりますね。。
あと、一日に何社も訪問するとなるとタクシーで移動した方が早かったりするので、そこでも結構お金がかかります。
 
飲食代
長期戦になる就活ですが、やはり時間との戦いになってきますので、飲食は基本、外食に頼らざるを得ません。
いちいち弁当なんて作る暇がありませんし、たとえ家族と同居してて親が弁当を作ってくれたとしても、どのタイミングで食べられるかわかりませんし。。
そうなると手軽に食べれる外食やコンビニのお弁当とかになっちゃいますが、結局そこでもそこそこのお金がかかってきます。
 
スーツ・ネクタイ・靴代
身だしなみは第一印象に大きく影響しますので、そこそこ清潔感のある服装を心がけようと思ったら、やはりスーツや靴などは新調するのが基本になります。
同じく身だしなみを整えるという意味においては「散髪(美容院)代」もある程度覚悟しておかないといけませんね。
 
その他
その他にも、地方から都市部に就職希望の場合、長期滞在でホテル代等もかかってきますし、就職試験対策などに使う書籍代も結構バカにならない金額になってきます。。

 

このように、就活には意外とお金がかかるので、どうしても金欠になる学生さんが多いのが現状です。

 

まあ親に援助してもらえるのなら特に問題ないかと思いますが、そうでない場合、バイトもなかなかできずお金に困ってしまったら、ここは学生ローンや消費者金融(銀行カードローン)に助けてもらいましょう。

 

その中でもレイクプロミスアコムなどは、初めて利用される方限定で無利息キャッシングが可能なので、この特典を上手く使って就活ができれば最高です!

 

さらに、これらのカードローンは全国各地にATMがありますので、就活先でちょっとお金に困っても、近くのATMで引き出せるのは非常にありがたいですよね。

 

もちろんコンビニのATMでも引き出すことができますから、店舗のATMに入るのは抵抗がある・・という方でもOK!

 

これがアミーゴなどの学生ローンだと、そもそもカードがないので、利便性という点においては、一般的なカードローンに比べると遥かに劣ります。。

 

就職活動は長丁場になりますので、いつ、急なお金のピンチが訪れるかわかりません。

 

そんな時、学生でも利用可能なカードローンを一枚持っておくと、イザという時に大きな力になってくれることは間違いありません。

 

希望した職種が見つからないなら

 

学生ローンおすすめランキング